職種紹介

ビジネスデザイン

ビジネスをつくりだす、プロデューサーたちのセクション。クライアントとの窓口であり、社内外の様々なスペシャリストを束ねる司令塔でもある。

アカウントプロデュース職

クライアントと博報堂の間をワンストップでつなぐ職種。社内では“営業”職とも呼ばれる。クライアントの真の課題を聞き出し、社内外のスペシャリストを編成したチームをつくり課題解決をリードする。仕事のプロセス全体をデザインする総合プロデューサー。

メディアプロデュース職

クライアントとメディアを提供する媒体社の間をつなぐ、仲介役。「伝える」ためのプラットフォームであるメディア枠を仕入れるのが主な仕事だったが、近年は新メディア開発や、多様なメディアを組み合わせる企画開発など、発想力・実行力を試される仕事が増えている。

コンテンツプロデュース職

主にスポーツやエンターテインメントといった分野のコンテンツをプロデュースする職種。スポーツイベントの企画・実施、キャラクター商品の開発、映画製作などを通じて、誰もが日常で触れているコンテンツを縁の下で支えている。

マーケットデザイン

専門知を提供する、スペシャリストたちのセクション。マーケティング調査から広告やイベントの企画・制作など、彼らが生み出すモノが博報堂の“売り物”となる。

クリエイティブ職

コミュニケーション領域の実務を担当。コピーライティングやCMプラニング、アクティベーションプラニング、デザイナー、インタラクティブプラニングなど“人の心を動かす”さまざまな領域のプロフェッショナルが集まる。

ストラテジックプラニング職

市場や生活者の調査・分析を通じて、クライアントのマーケティング課題を解決するための戦略を導きだす、チームの頭脳。“マーケ”職とも呼ばれる。生活者の視点にたって、外側からクライアントを分析することで、世の中に響くコミュニケーションを発見する。

PR職

クライアントが伝えたいテーマを、社会が受け取れるニュースへと変換して広げていく職種。いつ、どのメディアで、どのように取り上げられたいか、そこから逆算して情報を編集する。ニュースの仕掛人。クライアントへの深い理解と、社会の流れをよむ洞察力、そして何より正確な情報を重んじる誠実さが求められる。

メディアプラニング職

クライアントの課題解決のため、適切なメディアの使い方を提案する。広告目標やスケジュール・予算といった様々な制約条件をクリアした、最高効率のメディア・プランを見つけだす。データ分析が可能になった近年、メディアも多様化しており、高度な専門性が要求される職種。

ナレッジプロデュース

ナレッジ開発職

未来の“売りもの”をつくる、イノベーター集団。数ある職種の中で唯一、「研究員」の肩書きを持つ。世の中の真実を洞察するレポートや、マーケティングをサポートする分析ツールなど、彼らが発明したモノが博報堂のビジネスをリードしていく。