クリエイティブ職
2016年入社

アクティベーションプラナーの荻原海里です。自由な角度から"人の行動を作る"という仕事をしています。
がむしゃらに走り続けるだけで精一杯の2年目ですが、身の回りの人を楽しませることができなければ、世の中を楽しませることなんてできないと思って働いています。カッコイイものも、カワイイものも、泣けるものも、笑えるものも好きです。

  • モーニング(?)

    朝ごはんは出社してから。メニューは毎朝必ずチョコクロワッサンと牛乳!モーニングと呼ぶには程遠いですが、僕にとっては1日の始まりを意識する大切な時間です。

  • 企画書作り(必死)

    企画書を作るのも大切な仕事の一つ。どんな言葉と画像を選ぶかで全く違う企画書が出来上がります。神は細部に宿りまくり。先輩のような企画書を書くために毎日必死です。

  • 得意先プレゼン(緊張)

    作業を終えて得意先プレゼン。考え抜いた企画が伝わる瞬間はいつもドキドキです。プレゼンってスクリーンの前に立ってやると思いますよね。あれ嘘です。基本座って紙の資料です。

  • ランチ(最高)

    プレゼンを終えランチへ。お気に入りは何と言ってもカレー。赤坂に来た際は、「赤坂 カレー」で検索してみてください。ちなみに死ぬほど美味しいカレーうどんもあります。

  • 企画アイディア出し(死ぬ気)

    僕たちプランナーにとってこの時間が最も苦しく楽しい時間です。ここでいいアイディアを出せるかが僕らの存在価値。真剣な顔でずっと変なことを考えていたりします。

  • 社内打ち合わせ(本気)

    打ち合わせはチームで考える楽しさを最も感じる瞬間。話している中でアイディアが磨かれていく感覚はこの仕事の醍醐味だと思います。あ、煮詰まった時はお察しの通りです。

  • webムービー撮影(広告会社ぽい)

    本日ラストはwebムービー撮影。モノが作られていく現場はいつもとっても刺激的。タレントさんの輝きやパワーをひしひしと感じると、自分も芸能人になりたくなったりします。

  • 同期と飲み会(ハッピー)

    会うたびにこの会社に入って良かったなと思わせてくれる同期たちです。

海里はいいやつで、愛嬌がある。企画も面白くてセンスがある。
服装はちょっとダサいがまあ目をつぶれる範囲だ。
一体どんな教育をすれば、こんなにいい息子が育つのだろうと思っていたら、
仕事の事情で海里の実家に泊まりに行って納得。
とても素敵なお母さんが美味しい料理で出迎えてくれた。
愛をたくさん浴びてる子は強い。
アクティベーション企画局 小島翔太

自分の人生が仕事になる最高の会社だと思っています。あの日読んだ漫画、小学校の先生に聞いた雑学、これから触れるもの。これら全てが自分のアイディアや考えの芯になります。だからこそ、この会社にいる人の人生はとっても素敵なんです。みなさんが今ツライなと思うことも全てが糧になる会社だと思います。できるだけ肩の力を抜いて就活と向き合ってみてください。