アカウントプロデュース職
2015年入社

学生時代は体育会に所属し、仲間と汗と日焼け、そんなソフトテニス一色の毎日でした。
ビューティとは程遠い学生時代から一変。現在はビューティカテゴリーの制作担当営業として、CM、WEBの制作から、マーケティング戦略まで幅広い業務に携わらせて頂いています。
仕事もプライベートも全力な尊敬する先輩方に囲まれ、充実した毎日です。

  • まずはメールチェック

    出社したらまずメールチェック。それから、今日のスケジュールを確認しつつ、打ち合わせの流れを考えます。
    毎週月曜に朝食サービスもあるので、毎週月曜は会社でパワーチャージしています!

  • 業務を円滑にするための確認時間

    だいたい週に一度、営業内でチーム会を行います。
    一つのブランドを分担し業務を行うことも多いので、生産性を上げるため、業務のステータス確認と情報交換をします。

  • 同期と癒しのランチ!

    時間が合えば、同期とランチに行きます。
    赤坂の美味しいランチを堪能しつつ、つかの間の幸せな時間の中で話に花が咲きます。

  • 社内ミ―ティング

    明日のクライアントへの提案に向けて、スタッフと企画書についてミーティング。
    社内の各セクションのプロフェッショナル、協力会社のスタッフが集まるミーティングは新しい発見だらけです!

  • クライアントと打ち合わせ

    クライアントと打ち合わせへ。
    クライアントへは電車で行くので、Bizタワーは駅直結で、とても便利です!

  • トレンドをチェック

    ビューティカテゴリーの業務では、トレンドを勉強する時間も大事。流行りの髪型や人気のタレントさんなど雑誌やSNSでチェックしています。

  • 企画書の作成

    みんなで打ち合わせした内容を企画書に落とし込みます。
    各スタッフと役割分担し、営業の先輩たちと確認しながらようやく企画書が完成していきます。

  • 会社のみんなで飲み会へ!

    仕事が片付いたあとは、楽しみにしていた飲み会へ!
    お酒を囲めば、年次に関係なくみんなワイワイできるのが博報堂の良いところです!

まだ知り合って間もないですが、脇田の場を盛り上げるパワー、どんな相手に対しても全力でぶつかっていく姿勢は博報堂ナンバーワンだと思います。難易度の高いクライアント、ブランドではあると思いますが、それを乗り越えて業務を動かしていくバイタリティが脇田にはあります。
中野晋也 (直属の上司)

難しい課題に対し、一人一人の言葉や想いがバトンみたいに繋がって、形になっているのを毎日実感しています。
自分なんて役に立つんだろうか?と不安な時期もありましたが、自分にしかないパーソナリティに気づかせてた仲間や先輩がいて、今では自分にもバトンを持たせてくれています。博報堂は粒違いを尊重してくれる素敵な会社です!